虎ファンの独り言

熱狂的阪神ファンのブログです。 今年も優勝目指してみんなで我らがタイガースを応援していきましょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

アスター交流会

今日学校でアスター交流フェアというものがありました。
内容は企業ブース展示と講演会。
ということで、授業をさぼって講演会にいってきました!
講演会は二部構成、第一部はプレイステーションシリーズの開発に携わってきたソニーのアーキテクチャ研究部 大場章男氏、第二部はアスキー創業者でビル・ゲイツらとWindowsの開発に従事した現ITNY&パートナース マネージングディレクターの 西和彦氏でした。
どちらも中身が濃くとても興味深い内容でした!以前マイクロソフトの講演会もあったけどそれよりもずっと面白かった!こういう講演会ならもっともっとやってほしいものです!「続き」のほうで少し内容についてふれますね。さて企業ブースのほうですが、けっこうな数の企業が出展していました(名前知らないとこばっかりだったけどw)。主に3回生を中心にそこそこ人の人で賑わっていました。まあALPSはあまり興味がありそうなとこがなかったんで、くばっていたドーナツだけもらってその場を後にしましたwここ2週間ほどバイトいって11時半くらいに帰ってきてレポート書いて寝る(といっても2~3時間くらい)という生活で面白いことがなかったのでひさびさに有意義な時間をすごせました!
といっても明日も朝かた夕方までバイトですが・・・

最後に・・・
濱ちゃん契約まとまってよかったね^^
ただなんで背番号かえちゃうのよ!ファンクラブのカード31なのに・・・まあ林も好きだからいいけどさ・・・

では、講演会の内容について少し触れていこうとおもいます。
さきに第二部について。
第二部の題目は「ありうる未来のテクノロジー&ビジネスについて」
この公演をしてくださった西さんですが経歴がものすごい!!
学生時代に初のパソコン専門誌「月間アスキー」出版すると、その後はマイクロソフトと仕事をしたり、MPEGの発案者の一人であったり、須磨学園の学長になってみたり、同人誌を出版してみたり(と書いてありましたw)とにかくすごい経歴に持ち主なんです。で、いざ公演開始!のときにトラブル発生w東京の立命オフィスからの公演だったのですが向こうから映像は届いているのに音声がでてない!これがなかなか修復されなくて、かなり待たされました。結局電話の音声ではじめることに。
内容はこれからの世の中やいろいろなものの考え方などについてでした。
少しだけレジュメの内容を

------------------------------------------------------------
自分の可能性を実現したい
→「タイムマネジメント」「プロジェクトマネジメント」

"Genius was 1 percent inspiration and 99 percent perspirtaion"
Thomas Alva Edison

天才とは1%の閃きと99%の努力である[悪訳]

天才を成した者は
   1%の感動と、99%の情熱であった[西訳]

-------------------------------------------------------------

詳しい解説は今日はもう元気がないので省略w

さて次は第一部について、
題目は「system-GからCellまでの
     PlayStationアーキテクチャの変換とソフトウェア」
(一部内容が間違ってるところがあるかもしれないのでご了承下さい)

この公演をしてくださった大場さんはプレイステーションシリーズ全ての開発に携わってこられた人で
System-G(1986) - PS(1994) - PS2(2000) - PSP(2004) - PS3(2006)
についていろいろ話して下さいました。
System-Gというものは聞いたことがない人も多いとおもうので(僕もありませんでした)少し解説を。
System-GというのはPSの全身となったもので放送用特殊効果装置
のことです。ソニーでは全ての開発を社内ベンチャーという形で進めていてその中の一つとして開発がはじまりました。実際にどんなことができるのかというと、
・リアルタイムに自由曲面の算出
・videoをその曲面に写す
といったこと。要するにリアルタイムに3DCGのようなものができるといったものです。それをALPSが生まれたころにやっていたのだからすごいとおもいます。しかし5000万円という値段から30台しか売れなかったそうです。TVなどで実際に使われたこともあります。
・三原山噴火時のTBSの放送(1987)
・ゴルフ中継(1987,1988)TBS、フジ
・電波少年(1992~)
ゴルフ中継などでは視聴者にコースの高低差などを分かりやすく伝えるために使われていました。ふつうのCG処理では1週間くらいかかるところをSystem-Gをつかうことでリアルタイムで作成し、放送に使えるのは魅力的ですね!電波少年はご存知の方も多いでしょう!あの顔がいがんだりするのをこれで作成していたそうです。
さて、このあとPSなどのアーキテクチャについてお話があったのですが
けっこうむずかしかったwムーアの法則のようなお約束のようなことばからポリゴンの表示についてなど、いろいろありました。わかったりわからなかったりでしたがとりあえず面白かったw
最後はPS3で採用されているCellについても少し説明がありました。
CPUはIBM製のPowerPC(いまMacで使われているCPUです、来年からMacのCPUはインテルにyonahになりますが)を採用していることまでは知っていたのですが、他にもオリジナルのSPE?(だったかな)というCPUを8個くらいつんでいるらしいです!詳しく知りたいかたはこことかCellの公開ページなどを除いて見てください。最近は雑誌などにもよく掲載されています。

授業とバイトを犠牲にして参加した公演でしたが、
十分にその価値があったとおもいます!
早く次の公演してくれないかな~
どうせならビル・ゲイツとかスティーブン・ジョブスとかw
(まあ、ありえませんがw)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toratorafan.blog9.fc2.com/tb.php/57-f820cf4d
このページのトップへ

Search

Information

ALPS

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Categories

Links

Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。